昭和54年6月の大雨

災害年月日
1979年06月26日
市町村
愛媛県
災害種類
風水害  
概要
昭和54年(1979)6月26日~30日、前線が四国付近に停滞、活発化し、大雨となった。総雨量は松山で407ミリ、宇和で゙520ミリとなり、被害は負傷者3人、床上浸水47戸、床下浸水6,761戸に及んだ。(愛媛県災害年表)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松山地方気象台編「愛媛の気象百年-松山地方気象台創立100周年記念誌-」(日本気象協会松山支部、1990年)、211頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
大雨
NO.
愛媛7762

よく似た災害

昭和63年6月23日の大雨

昭和63年(1988)6月23日~25日、前線が台風4号の北上により活発化し、南予地方で大雨となった。総降水量は宇和島で284.5ミリとなり、被害は死... 続きを読む

昭和60年6月の大雨

昭和60年(1985)6月25日~30日、瀬戸内の前線上を低気圧が東進し、東予地方で大雨となった。総降水量は大三島で327ミリとなり、被害は床上浸水8... 続きを読む

昭和50年の台風5号

昭和50年(1975)8月17日~18日、台風5号が宿毛市付近に上陸し、愛媛県の西岸を通過し、暴風と大雨をもたらした。総降水量は藤の石で766ミリ、成... 続きを読む

昭和63年6月2日の大雨

昭和63年(1988)6月2日~3日、前線を伴う低気圧の通過のため、大雨となった。総降水量は近永215ミリとなった。被害は床上浸水1戸、床下浸水17戸... 続きを読む

昭和62年の台風19号

昭和62年(1987)10月16日~17日、台風19号が室戸岬付近に上陸後、四国南東部を縦断し、明石市付近に再上陸した。東予地方で300~400ミリの... 続きを読む