昭和59年1月19日の大雪

災害年月日
1984年01月19日
市町村
愛媛県
災害種類
雪害  
概要
昭和59年(1984)1月19日、四国の南海上を低気圧が通過し、大雪となった。積雪は丹原で20cm、松山で14cmとなった。(愛媛県災害年表)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松山地方気象台編「愛媛の気象百年-松山地方気象台創立100周年記念誌-」(日本気象協会松山支部、1990年)、214頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
大雪 低気圧
NO.
愛媛7789

よく似た災害

昭和59年1月30日の大雪

昭和59年(1984)1月30日、四国の南岸を低気圧が通過し、大雪となり、農業関係に大きな被害が出た。積雪は三島で25cm、松山で14cmに及んだ。(... 続きを読む

昭和52年2月15日の大雪

昭和52年(1977)2月15日~19日、強い寒気の南下のため冬型の気圧配置が強まり、低温となり、南予地方を中心に大雪となった。最高気温は松山で-1.... 続きを読む

昭和62年1月の大雪

昭和62年(1987)1月12日~14日、強い冬型の気圧配置のため、山間部を中心に大雪となった。積雪は久万で55cm、中山で25cm、松山で5cmに及... 続きを読む

昭和52年2月9日の大雪

昭和52年(1977)2月9日~10日、四国沖を低気圧が通過したため大雪となり、積雪は久万で24cm、大洲で9cm、松山で7cmに及んだ。(愛媛県災害... 続きを読む

昭和56年2月の大雪

昭和56年(1981)2月25日~28日、冬型の気圧配置が持続し、大雪、低温、強風となった。最低気温は丹原で-7.7℃となり、死者1人となった。(愛媛... 続きを読む