昭和27年1月24日の強風

災害年月日
1952年01月24日
市町村
愛媛県
災害種類
風水害  
概要
昭和27年(1952)1月24日~25日、季節風による激浪のため、伊予三島市の国道11号の海岸沿いの箇所が一部損傷を受け一時交通不能に陥り、1月5日~6日の季節風により被災した県道郡中長浜線は増破する等の被害を受けた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
愛媛県土木部編「土木十年史」(愛媛県、1962年)、250頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
強風 激浪 国道11号
NO.
愛媛7820

よく似た災害

昭和27年1月5日の強風

昭和27年(1952)1月5日~6日、季節風による凍結と降雨等のため、上浮穴郡では路側石積及び山腹法面に多大な被害を受けた。また、伊予郡海岸部では平均... 続きを読む

昭和35年1月の強風

昭和35年(1960)1月27日~28日、寒冷前線の通過に伴い季節風が強く、雪と強風で県下各地の交通路は混乱した。久万町は零下15度を記録した。県道八... 続きを読む

昭和28年1月の強風

昭和28年(1953)1月13日~15日、季節風により、県下の最大風速は25m/秒、波高2.5mを記録し、中予・南予の海岸一帯に相当の被害を受けた。 続きを読む

昭和37年2月の強風

昭和37年(1962)2月11日、前夜からの季節風で、土庄沖で機帆船が漂流した。(四国新聞による)/高松の最大風速は西南西15.0m/秒であった。 続きを読む

昭和31年の強風

昭和31年(1956)12月5日、県下各地で西寄りの季節風が強く、松山の瞬間最大風速は23.5mに達した。海上は風波が高く、海難事故や定期航路の欠航が... 続きを読む