慶応3年の水論

災害年月日
1867年00月00日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
渇水  
概要
慶応3年(1867)、高井村北分が野都合泉の揚水を強行したため、南分の農民が妨害し五反地泉の掘増をしたため、乱闘事件に発展し、死者1人、負傷者18人が出た。明治3年(1870)、「五反地・塚原両泉並ニ野都合泉井手筋定書之事」の定書を交わして解決した。
Googleマップ
参考文献
窪田重治「重信川流域の水利と新田開発について(2)」(重信史談編集委員会編「重信史談 第19号」重信史談会、2000年)、37頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
水論 高井村 野都合泉 死者
NO.
愛媛7929

よく似た災害

宝暦10年の水論

宝暦10年(1760)、高井村南分が五反地に新泉(五反地泉)の開鑿に着手したのに対し、北分の農民が野都合泉の湧出量に影響するという理由で反対し、水論が... 続きを読む

慶応3年の水論

慶応3年(1867)8月、大干ばつにより、北高井村では野津合泉で3個の足踏水車と5個の桶を用いて昼夜兼行で地下水を揚水した。これに対して、南高井村では... 続きを読む

慶応3年の水論

慶応3年(1867)、南・北高井間で五反地泉について水論。(「久米村誌」による)(伊予の水論〔水争い〕年表) 続きを読む

慶応3年の水論

慶応3年(1867)、宇和郡大江村と真土村で水論。(「伊豫史談」282号による)(伊予の水論〔水争い〕年表) 続きを読む

明和8年の水論

image

明和8年(1771)6月8日、八倉・宮之下・上野・徳丸・出作の下5ヶ村の農民700人が小樋井手を切り落としたため、上・下麻生村勢200余名との間で乱闘... 続きを読む