昭和14年の干ばつ

災害年月日
1939年00月00日
市町村
愛媛県東温市(重信町)
災害種類
渇水  
概要
昭和14年(1939)、植え付けは完了したが、その後の旱天続きで、出穂前の水がなく、全然実の入らない田が多かった。
Googleマップ
参考文献
白寿会編「思い出の記録 第2集」(重信町大字西岡区、1975年)、56頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
干ばつ 西岡
NO.
愛媛7943

よく似た災害

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)5月14日~7月13日まで干ばつ。その後48日間降雨なく、善通寺砲隊も実弾射撃を雲辺寺原射撃場で行い気象変化を起こす努力をしてくれ... 続きを読む

昭和31年の干ばつ

昭和31年(1956)11月から翌3月まで64日間雨がなく、電力事情は悪化し、井水は涸れ、農作物の被害も多かった。神武以来の水不足と言われた。 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)夏は日照り続きで、38日間全然降雨がなかった。 続きを読む

大正13年の干ばつ

大正13年(1924)、旱害が甚大で、田野村では7月10日で植え付けが済んでいない田が3町2反あった。(「田野村誌」等による) 続きを読む

明治37年の干ばつ

明治37年(1904)、稲の出穂前に干ばつ。 続きを読む