明治26年の台風

災害年月日
1893年10月14日
市町村
愛媛県西条市
災害種類
風水害  
概要
明治26年(1893)10月14日、四国を西から東に通過した台風により、被害甚大。禎瑞及び神拝地域の堤防大壊滅。明治天皇の命により、片岡侍従が慰問のため来県。(西条市自然災害年表による)
Googleマップ
備考
禎瑞海岸には堤防決壊の記念碑が建立されている。
参考画像
参考文献
西条市市民安全部危機管理課編「西条市防災100年誌」(西条市市民安全部危機管理課、2009年)、12頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 禎瑞 神拝
NO.
愛媛7992

よく似た災害

明治32年の台風

明治32年(1899)7月9日、県下大暴風雨により大洪水。片岡侍従が被害状況視察。 続きを読む

明治32年8月の台風

明治32年(1899)8月28日、暴風雨により、加茂村で倒家15戸、怪我人2人、死者1人。9月5日、水害視察のため片岡侍従が通行。(「大西夘平日誌」に... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月29日、銅山流れ。大暴風雨により、人家の倒壊多く、井川町では倒家による圧死者2人。井内吹では40戸のうち13戸倒壊。宮中より... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、台風が愛媛県東部を通過したため、県下の被害は死者340人、負傷者971人、行方不明9人、全壊家屋2,751戸、船流失... 続きを読む

明治30年の風雨

明治30年(1897)9月、風雨、洪水。板野郡上板町高志では、出水に気づかず下六条水門を修理していたため、水門付近で320m破堤、13戸流失、死者18... 続きを読む