昭和42年の干ばつ

災害年月日
1967年00月00日
市町村
愛媛県南予地方
災害種類
渇水  
概要
昭和42年(1967)、南予地方は大干ばつに見舞われた。これを契機に、肱川流域からの分水が計画され、昭和57年に野村ダムが建設された。
Googleマップ
参考画像
参考文献
サイエンス肱川研究会編「教員向け 解説サイエンス肱川」(国土交通省四国地方整備局大洲河川国道事務所、2005年)、39頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 洪水 肱川
NO.
愛媛8595

よく似た災害

昭和42年の干ばつ

image

昭和42年(1967)、大干ばつのため、天水に頼っていたみかん栽培は甚大な被害を受けた。このため、ダム建設の計画が多くの人に支持され、石手川ダムが洪水... 続きを読む

昭和42年の干ばつ

image

昭和42年(1967)7月~10月、南予地方は干ばつのため、180の水道用水施設のうち148施設(83%)が断水となり、農作物の被害額は125億円にの... 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)、歴史的な大干ばつに見舞われた。豊稔池の築造による水源供給力の強化は、畑地から田への地目転換が113町7反に達して新たな水需要を... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

image

昭和9年(1934)の干ばつには、菖蒲堰で「大落水」という慣行が行われた。これは、下堰側の5地区で用水が不足して、番水制度を実施しても満たされない時に... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

image

昭和9年(1934)の干ばつには、菖蒲堰で「大落水」という慣行が行われた。これは、下堰側の5地区で用水が不足して、番水制度を実施しても満たされない時に... 続きを読む