元禄7年の別子銅山の火災

災害年月日
1694年05月18日
市町村
愛媛県新居浜市(別子山村)
災害種類
火災  
概要
元禄7年(1694)4月25日午前10時頃、別子銅山の竈場から出火し、烈風にあおられて燃え広がり、午後3時頃まで燃え続けた。全山の施設のほとんどを焼失し、死者142人を出す大惨事となった。住友では犠牲者を悼んで山中に蘭塔場を設けた。
Googleマップ
備考
別子銅山跡の蘭塔婆。別子銅山にあった蘭塔婆は新居浜市瑞応寺の境内に移設されている。
参考画像
参考文献
愛媛県史編さん委員会編「愛媛県史 近世上」(愛媛県、1986年)、430頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 別子銅山 死者 蘭塔場
NO.
愛媛8745

よく似た災害

元禄7年の火災

image

元禄7年(1694)4月25日午前10時頃、別子銅山の竃場から失火し、烈風に煽られ火の手は八方に燃え広がった。火は午後3時頃まで燃え続けて全山の施設の... 続きを読む

明治17年の高波

明治17年(1884)、大津波が発生し、海岸一帯の岸壁や家屋を押し流す大惨事となった。 続きを読む

安永7年の大火

安永7年(1778)3月22日午後4時、魚棚一丁目から出火し、一丁目のほとんどを焼失した。 続きを読む

寛政元年の火災

寛政元年(1789)1月10日、奈半利の東浜の火事でほとんどを焼き尽くし、東西の人家わずか6軒残った。 続きを読む

明治32年の別子銅山水害

image

明治32年(1899)8月28日、台風により、別子銅山では日降水量が325ミリとなり、特に午後8時20分~9時までの40分間に極めて強い集中豪雨があっ... 続きを読む