寛政11年の大火

災害年月日
1799年08月13日
市町村
愛媛県大洲市
災害種類
火災  
概要
寛政11年(1799)7月21日、柚木から出火、烈風に煽られて大火となり、二重櫓1、家中・奉公人屋敷200軒余、三ノ丸屋敷10軒、町屋624軒などが類焼し、城下町は全滅した。(大洲領の災害)
Googleマップ
参考文献
愛媛県史編さん委員会編「愛媛県史 近世上」(愛媛県、1986年)、486頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大火
NO.
愛媛8816

よく似た災害

寛政11年の大火

寛政11年(1799)7月21日午後1時頃、柚木から出火、烈風にあおられて大火となり、城下町内残らず焼失した。類焼は二重櫓1つ、家中屋敷・奉公人家宅2... 続きを読む

寛政11年の大火

寛政11年(1799)7月21日午後1時頃、柚木から出火、烈風にあおられて大火となり、城下町内残らず焼失した。類焼は二重櫓1つ、家中屋敷・奉公人家宅2... 続きを読む

享保17年の火災

享保17年(1732)閏5月12日、城下裏町1丁目から出火、侍屋敷37軒、無足屋敷23軒、町屋334軒、寺2軒を焼失し、死者8人を出した。(大洲領の災... 続きを読む

享保8年の大火

享保8年(1723)12月6日、城下大火、類焼437軒。(大洲領の災害) 続きを読む

明和5年の火災

明和5年(1768)9月24日、御替地湊町出火、類焼80軒余。(大洲領の災害) 続きを読む