天保9年の洪水

災害年月日
1838年09月10日
市町村
愛媛県大洲市
災害種類
風水害  
概要
天保9年(1838)7月22日、強雨、出水2丈7尺3寸。新谷では2丈6尺8寸。大洲藩の不熟損毛高は田畑3,593町歩、28,560石余に及んだ。(大洲領の災害)
Googleマップ
参考文献
愛媛県史編さん委員会編「愛媛県史 近世上」(愛媛県、1986年)、487頁及び495頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
強雨 洪水
NO.
愛媛8841

よく似た災害

天保9年の洪水

天保9年(1838)7月22日、強雨、出水2丈7尺3寸(新谷2丈6尺8寸)。不熟損毛高は、大洲藩で田畑3,593町歩、新谷藩で田畑710町歩であった。... 続きを読む

天保9年の洪水

天保9年(1838)7月22日、強雨、出水2丈7尺3寸(新谷2丈6尺8寸)。不熟損毛高は、大洲藩で田畑3,593町歩、新谷藩で田畑710町歩であった。... 続きを読む

天保10年の干ばつ

天保10年(1839)6月~7月、千人踊。百万遍念仏。不熟損毛高は、大洲が田畑3,435町歩、新谷が677町歩であった。 続きを読む

天保10年の干ばつ

天保10年(1839)6月~7月、千人踊。百万遍念仏。不熟損毛高は、大洲が田畑3,435町歩、新谷が677町歩であった。 続きを読む

天保3年の洪水

天保3年(1832)6月9日、強雨、出水2丈6尺6寸。(大洲領の災害) 続きを読む