安政4年の洪水

災害年月日
1857年09月17日
市町村
愛媛県大洲市
災害種類
風水害  
概要
安政4年(1857)7月29日、出水により、大洲藩で田畑の損毛高20,980石余、2,391町歩余の被害を受けた。
Googleマップ
参考文献
愛媛県史編さん委員会編「愛媛県史 近世上」(愛媛県、1986年)、495頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水
NO.
愛媛8855

よく似た災害

享保19年6月の大雨

享保19年(1734)6月18日、大雨により、田235町、1,480石余、畑238町、608石余の損害を受けた。(「藤蔓延年譜」による) 続きを読む

大正9年7月の洪水

大正9年(1920)7月29日、一本松村で大洪水となり、田畑の流失68町歩、死者1人の被害が出た。一本松村では、大正2年(1913)の洪水で被害を受け... 続きを読む

安政4年の洪水

安政4年(1857)7月1日、大洪水により勝浦川上流の各村は大きな被害を受けた。田野々村では、居宅・納屋の全壊8棟、半壊30棟、稲の被害3割、山畑5割... 続きを読む

安政4年の洪水

安政4年(1857)7月1日、大洪水により勝浦川上流の各村は大きな被害を受けた。田野々村では、居宅・納屋の全壊8棟、半壊30棟、稲の被害3割、山畑5割... 続きを読む

天保9年の洪水

天保9年(1838)7月22日、強雨、出水2丈7尺3寸。新谷では2丈6尺8寸。大洲藩の不熟損毛高は田畑3,593町歩、28,560石余に及んだ。(大洲... 続きを読む