昭和18年の洪水

災害年月日
1943年07月24日
市町村
愛媛県肱川流域
災害種類
風水害  
概要
昭和18年(1943)7月24日、洪水により、死者131人、流失家屋554戸、全壊家屋396戸、床上浸水6,940戸、床下浸水3,876戸、堤防決壊・破損59箇所。(肱川の主な水の歴史による)/7月の洪水では、大洲市街の肱北地区の常磐町にまで大量の流木が襲った。
Googleマップ
参考文献
国土交通省四国地方整備局・国土交通省国土地理院編「川と人との歴史ものがたり」(国土交通省四国地方整備局・国土交通省国土地理院、2003年)、97-98頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
洪水 死者 堤防決壊 肱川
NO.
愛媛8981

よく似た災害

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月24日、三日三晩降り続いた雨は松山測候所で530ミリ、喜多郡では700余ミリと推定された。この時の被害は死傷者131人、流失... 続きを読む

享保7年の洪水

享保7年(1722)8月4日、洪水氾濫(丑寅の洪水)。(四万十川の主な洪水の歴史による) 続きを読む

享和元年の洪水

享和元年(1801)、喜来の洪水。(吉野川の主な洪水の歴史による) 続きを読む

平成7年の洪水

平成7年(1995)7月4日、梅雨前線による豪雨のため、東大洲地区では大規模な洪水被害を受けた。被害は浸水面積923ha、軒下浸水20戸、床上浸水48... 続きを読む

平成11年の洪水

平成11年(1999)7月28日~29日、洪水により、浸水面積515ha、床上浸水2戸、床下浸水32戸。(仁淀川の主な洪水の歴史による) 続きを読む