享保12年の干ばつ

災害年月日
1727年00月00日
市町村
愛媛県伊予市(双海町)
災害種類
渇水  
概要
享保12年(1727)の干ばつに際して、双海町の本尊山崩れで、代官が地域の庄屋を集めて大がかりな雨乞いを断行し、慈雨が降り注いだ。(「肱川の民話・伝説」による)
Googleマップ
参考文献
和田一範・松尾裕治・山本基・武田由美子「四国に伝わる災害の教訓に関する考察」(土木学会土木史研究委員会編「土木史研究講演集Vol.27」2007年)、306頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
干ばつ 本尊山 雨乞い 肱川の民話・伝説
NO.
愛媛9043

よく似た災害

享保14年の干ばつ

image

享保14年(1729)6月、干ばつ。光林寺で雨乞いを行う。 続きを読む

享保10年の干ばつ

享保10年(1725)6月から8月まで大干ばつ、雨乞いをする。(神恵院蔵の「弘化録」及び「讃岐大日記」による) 続きを読む

享保9年の干ばつ

image

享保9年(1724)5月、6月、旱す。道前郡のうち200町余が植え付けできず、道後八幡で両度雨乞いを仰せ付けられ、降雨があった。(「松山叢談(御先祖由... 続きを読む

享保3年の干ばつ

享保3年(1718)6月24日、大干ばつで雨乞いをする。牛馬疫死多し。(神恵院蔵の「弘化録」及び「讃岐大日記」による) 続きを読む

元禄4年の干ばつ

元禄4年(1691)、日照りが続き、雨乞いをした。(豊中町の水を求めての歴史) 続きを読む