文政9年の洪水

災害年月日
1826年06月25日
市町村
愛媛県大洲市
災害種類
風水害  
概要
文政9年(1826)5月20日より雨が降り出し、翌21日殊更に大雨になり、あたかも車軸を流すかのようであった。夕方から河水がにわかに増加し、堤2箇所崩れ、水が溢れて大洲平野は海のようになった。城の東にあった燕門の扉は二枚とも洪水に流され、家中も土地の低い所は高塀の上を自由に舟が乗り越すほどであった。(「豫州大洲洪水噺」による)この時の洪水位は、大洲での肱川の水位記録最大の3丈3尺1寸(10.03m)であった。大洲藩では元禄元年(1688)から万延元年(1860)にかけて水位観測を行っていた。
Googleマップ
参考文献
和田一範・松尾裕治・山本基・武田由美子「四国に伝わる災害の教訓に関する考察」(土木学会土木史研究委員会編「土木史研究論文集Vol.27」2008年)、82-83頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
大雨 洪水 肱川 豫州大洲洪水噺 水位観測
NO.
愛媛9046

よく似た災害

文政9年の洪水

文政9年(1826)5月21日、肱川の大洪水により、大洲の水位は観測史上最大の3丈3尺1寸(10.03m)を記録した。この時の様子を、豫州大洲洪水噺は... 続きを読む

文政9年6月の洪水

文政9年(1826)6月6日、水層2丈2尺5寸。(「大洲藩譜」による)/大洲の水位2丈3尺。(「大洲警察署記録」による) 続きを読む

文政11年の洪水

文政11年(1828)7月2日、風雨、水層2丈3尺3寸。(「大洲藩譜」による)/大洲の水位2丈3尺4寸。(「大洲警察署記録」による) 続きを読む

文政4年7月の洪水

文政4年(1821)7月28日、風雨、水層2丈4尺。(「大洲藩譜」による)/大洲の水位2丈4尺。(「大洲警察署記録」による) 続きを読む

文政4年8月の洪水

文政4年(1821)8月8日、風雨、水層2丈5尺。(「大洲藩譜」による)/大洲の水位2丈5尺5寸。(「大洲警察署記録」による) 続きを読む