明治29年の台風

災害年月日
1896年08月30日
市町村
香川県仲多度郡
災害種類
風水害  
概要
明治29年(1896)8月30日、暴風雨により午後4時頃から10時頃まで最も激しい豪雨となった。特に南方山岳部の雨量が多く、大小諸川は氾濫して、堤防、橋梁等の損害は少なくなかった。しかし、農作物の被害は少なく、人畜の死傷がなかったのは幸いであった。
Googleマップ
参考文献
香川県仲多度郡編「仲多度郡史」(臨川書店、1918年)、327頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
香川1971

よく似た災害

明治37年の台風

明治37年(1904)8月31日、台風が室戸岬に上陸し、県内を通り姫路に北上した。強風はなかったが、日雨量が350ミリに達した所があった。干天が続いた... 続きを読む

明治22年の台風

明治22年(1889)8月18日午後6時頃から暴風雨が猛烈になり、翌19日午前7時頃には郡内の諸川は非常に増水し、鮎喰川沿いの一宮村では堤防が決壊し、... 続きを読む

天保6年の干ばつ・風雨

天保6年(1835)夏は大旱、秋は大雨のため、諸川洪水のため、農産物の被害は少なくなかった。 続きを読む

明治23年の洪水

明治23年(1890)、稀有の洪水で、大きな被害のあったことは事実であるが、記録がなく詳細は不明である。田地の荒廃と堤防の決壊が主で、農作物の被害は少... 続きを読む

昭和18年の水害

昭和18年(1943)6月14日、雨量は少なかったが、吉野川が増水して樋門から逆流した水が低地部に浸水した。桑園も水稲も中間期のため、被害は少なかった... 続きを読む