慶応2年の寅の洪水

災害年月日
1866年09月09日
市町村
香川県三豊市(山本町)
災害種類
風水害  
概要
慶応2年(1866)8月1日から8日まで降り続いた大雨のため、財田川と河内川は大水となり、田畑、人畜、家屋を押し流した。この時の水位の高さは、西上の宗運寺の石段で手が洗えたという。泥水が引いた後には、砂や石が20cmも積もっていた。この洪水は寅年の洪水と言われる。(「大喜多家文書」による)
Googleマップ
参考画像
参考文献
山本町小学校社会科副読本編集委員会編「わたしたちの町 山本」(山本町教育委員会、1997年)、107頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
寅の洪水 財田川 河内川 宗運寺 大多喜家文書
NO.
香川2588

よく似た災害

慶応2年の寅の洪水

image

慶応2年(1866)8月1日から8日まで降り続いた大雨のため、財田川と河内川は大水となり、田畑、人畜、家屋を押し流した。この時の水位の高さは、西上の宗... 続きを読む

明和9年の辰の洪水

image

明和9年(1772)8月の台風は「辰の洪水」と呼ばれ、川の氾濫や田畑の流出などにより、讃岐では破壊家屋19,000余戸、死者46人、牛馬74頭の被害を... 続きを読む

慶応2年の寅の水

image

慶応2年(1866)8月5日から大雨が降り始め、7日夜に大洪水が発生した。この時の洪水痕跡が徳島市国府町の蔵珠院に残されている。痕跡は畳から2尺、寺の... 続きを読む

慶応2年の寅の水

image

慶応2年(1866)8月5日から大雨が降り始め、7日夜に大洪水が発生した。この時の洪水の痕跡が徳島市国府町の蔵珠院に残されている。痕跡は茶室の畳から2... 続きを読む

慶応2年の寅の水

image

慶応2年(1866)7月末から8月初めにかけての吉野川の大洪水は、「寅の水」と言われ、讃岐山脈の裾野から四国山地の裾野まで見渡す限りの水面であったとい... 続きを読む