大正10年の洪水

災害年月日
1921年00月00日
市町村
香川県観音寺市(豊浜町)
災害種類
風水害  
概要
大正10年(1921)、茨谷池(現在の鶴亀池)の堤防の決壊により、田畑への土砂流失、民家への被害。写真2枚。
Googleマップ
参考文献
豊浜町編「写真で見る百年史」(豊浜町、1999年)、156頁
情報源の種類
写真集
キーワード
茨谷池 鶴亀池 堤防決壊 写真
NO.
香川2852

よく似た災害

大正4年の洪水

大正4年(1915)10月8日、高松の長瘤という堤防が流失し、畑の土砂入り1町2反歩、午後さらに同所で70間が流失し、畑の埋没・土砂入り役2丁3反歩、... 続きを読む

大正8年の豪雨

大正8年(1919)7月4日~5日、豪雨のため、小漕川出水、流域の田畑に土砂流入。 続きを読む

宝暦12年の洪水

宝暦12年(1762)8月9日、大洪水が発生し、現在の岡地区集会所付近の被害が最も多く、死者15人、家屋流失12棟、田畑流失などの被害が出た。この年が... 続きを読む

昭和49年の台風8号

昭和49年(1974)7月6日、台風8号により下用知堤防が決壊し、人家、田畑への被害甚大。(「下用知部落誌」による) 続きを読む

大正7年の洪水

大正7年(1918)7月、8月の2回の大雨によって、吉野川など各河川は大洪水となり、大きな被害を受けた。吉田谷川では県道取合の堤防21間が決壊し、家屋... 続きを読む