昭和38年の長雨

災害年月日
1963年05月00日
市町村
香川県三豊市(財田町)
災害種類
その他(長雨)  
概要
昭和38年(1963)5月~6月の長雨のため、県下の裸麦の収穫は皆無に近い惨状を呈し、農作物被害総額は83億円に達した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新修財田町誌編纂委員会編「新修 財田町誌」(財田町、1992年)、53頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨
NO.
香川3116

よく似た災害

昭和45年の長雨

昭和45年(1970)4月~7月、長雨により農作物不作。被害は水田219ha、麦265ha、桑147ha、煙草89ha、八朔40haに及び、被害額は1... 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)5月から6月にかけて、長雨のため、死者1人、家全壊2戸、半壊1戸、田冠水320町、畑61町、山崩れ14箇所の被害が出た。また、連... 続きを読む

昭和47年の台風20号

昭和47年(1972)9月16日、台風20号により、被害は道路20箇所、河川80箇所、橋梁6箇所、農道72箇所、ため池45箇所、水路136箇所、農業関... 続きを読む

昭和42年の干ばつ

昭和42年(1967)、戦後最大の干ばつにより、香川県の農作物被害額は約20億円、うち果樹関係が約7億円に及んだ。 続きを読む

昭和55年の異常低温

昭和55年(1980)7月下旬より8月にかけて、異常低温と日照不足が顕著となった。このため、水稲生育の遅れ、軟弱徒長が目立ち、葉イモチの発生面積が1万... 続きを読む