昭和12年の台風

災害年月日
1937年09月10日
市町村
香川県小豆島町(内海町)
災害種類
風水害  
概要
昭和12年(1937)9月10日、暴風雨により、内海地区で家屋納屋倒壊20棟、堤防、船舶破損等の被害出る。西村の被害軽微。
Googleマップ
参考文献
鎌田毅編「西村のあゆみ」(西村公民館、1986)、293頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 内海 西村
NO.
香川3299

よく似た災害

昭和39年の台風20号

昭和39年(1964)、台風20号が来襲し、草壁、坂手の桟橋が破損したが、西村の被害は軽微であった。 続きを読む

昭和6年の台風

昭和6年(1931)9月18日、暴風雨により全島に被害。特に福田村では死者5人、重軽傷者15人、家屋流失倒半壊62戸、田畑被害大。西村の被害は軽微。 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風により内海地区の家屋、農作物の被害大、特に坂手地区の被害が大きかった。西村も農作物に被害出る。 続きを読む

大正7年9月の台風

大正7年(1918)9月14日、暴風雨により西村の被害多し。 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月25日、暴風雨のため、県下各地で河川の氾濫、高潮による堤防の決壊、家屋の倒壊・流失、田畑の流失、船舶の破損等多大な被害を受け... 続きを読む