昭和6年の集中豪雨

災害年月日
1931年09月18日
市町村
香川県小豆島町(内海町)
災害種類
風水害  
概要
昭和6年(1931)9月18日、福田村は集中豪雨に見舞われ、死者5人、家屋の倒壊・流失17棟、全半壊55棟などの被害を出し、交通・通信・電気・水道は途絶して孤立同然の大惨事になった。
Googleマップ
参考文献
福田村誌編集委員会編「福田村誌 葺田の里」(福田地区自治連合会、2005年)、155-156頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
集中豪雨 死者
NO.
香川3400

よく似た災害

昭和27年の集中豪雨

昭和27年(1952)7月2日~10日の集中豪雨は、死者4人、家屋損壊等の被害を出した。 続きを読む

昭和42年の集中豪雨

昭和42年(1967)7月9日、集中豪雨があり、大きな被害を受けた。雨量は127ミリ(宮浦中学校調べ)で、宮浦明治川が午後5時30分に決壊し、新地地区... 続きを読む

昭和42年の集中豪雨

昭和42年(1967)7月9日、県下全域が集中豪雨に見舞われ、国鉄土讃本線が土砂崩れにより寸断され、平野部でも浸水被害が続出した。高知市では9日午後3... 続きを読む

昭和42年の集中豪雨

昭和42年(1967)7月9日午後9時過ぎから集中豪雨に見舞われ、3時間に133.5ミリの雨量を記録した。このため、小田川をはじめ河川があふれ出し、電... 続きを読む

昭和36年の集中豪雨

image

昭和36年(1961)10月26日~27日、低気圧が発達しながら四国東部を通り北東に進んだため、引田町は雨量331ミリの集中豪雨に見舞われた。第二室戸... 続きを読む