昭和9年の室戸台風

災害年月日
1934年09月21日
市町村
香川県さぬき市(長尾町)
災害種類
風水害  
概要
昭和9年(1934)9月21日、室戸台風が襲来。県下で、死者9人、行方不明8人、家屋の全壊210戸、浸水2,544戸、非住家屋全壊728戸等の大被害となった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
長尾町史編集委員会編「改訂 長尾町史 下巻」(長尾町、1986年)、749頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
室戸台風 死者
NO.
香川4204

よく似た災害

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風。内海地区の家屋、農作物等被害大であった。特に坂手では家屋倒壊5戸、埋立・防潮堤一部破壊、漁船破壊3、石炭満載... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月20日から21日にかけて、室戸台風が日本列島を襲い、死者・行方不明者3,036人、家屋の全半壊92,740戸、浸水家屋401,... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風が奈半利町に上陸した。最低気圧684ミリ、最大瞬間風速60~70mで、遠く離れた窪川でも相当の風雨で大きな損害... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日午前5時、室戸台風が奈半利町と羽根村の境付近に上陸し、5時10分には低気圧の世界記録である911.6ミリバール、瞬間風速... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)、室戸台風により、愛媛県で死者30人、家屋全壊流失156戸、家屋浸水6,314戸などの被害が出た。(「愛媛県史概説下巻」による) 続きを読む