大正元年の洪水

災害年月日
1912年08月24日
市町村
香川県さぬき市(大川町)
災害種類
風水害  
概要
大正元年(1912)8月24日、大暴雨により、富田村では河川が決壊し、宮川橋、爛川橋、石川橋、落合橋が落ち、富田中で堤防決壊180間、道路決壊2箇所60間に及んだ。また、松尾村では堤防決壊37箇所、道路決壊20箇所、橋梁の破損・流失7箇所、家屋の流失・崩壊8戸、損害総額32,146円に及んだ。
Googleマップ
参考文献
大川町史編集委員会編「大川町史」(大川町、1978年)、681-682頁及び699頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 洪水 富田村 松尾村 堤防決壊
NO.
香川4594

よく似た災害

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月20日から22日にかけて300ミリ以上の豪雨があった。津田川の堤防は各所で破壊され、濁流は両岸より町中へ流れ込んだ。人畜の被害... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日から23日にかけての暴風雨により出水し、被害は死者1人、家屋等の全壊7棟、流失1棟、半壊とひどい破損8棟、道路の流失4箇... 続きを読む

明治38年の水害

明治38年(1905)、水害により、宮窪村では道路、橋梁の破損が18箇所に及んだ。村では年間予算の6割強に当たる2,230円余を借り入れ、災害復旧に使... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日午前10時、松山測候所は暴風雨の警標を掲げたが、夕刻より絶え間なく降り出し、風も加わり、23日午前12時頃最も猛烈を極め... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日夜、台風が土佐室戸付近に上陸、徳島県東部を通過、淡路より近畿西部に入った。佐馬地村では21日午後3時頃から23日午前5時... 続きを読む