昭和12年の台風

災害年月日
1937年09月10日
市町村
香川県高松市
災害種類
風水害  
概要
昭和12年(1937)9月10日夜から11日にかけて到来した台風は、風速30mに達した。開花期前後の稲が白穂となる被害を受けた。また、高様川が氾濫し、水田小学校の旧校舎が倒壊した。
Googleマップ
参考文献
川島郷土誌編集委員会編「川島郷土誌」(川島校区地域おこし事業推進委員会、1995年)、711頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 白穂 高様川 水田小学校
NO.
香川4997

よく似た災害

昭和18年9月の台風

昭和18年(1943)9月、暴風雨により勝浦川が氾濫し、晩稲作が白穂と化した。(「勝浦町前史」、「勝浦町後史」による) 続きを読む

昭和18年9月の台風

昭和18年(1943)9月20日~21日、暴風雨により勝浦川が氾濫し、晩稲作が白穂化し、被害甚大となった。(長田八百三氏日記、横瀬町史等による) 続きを読む

大正4年の台風

大正4年(1915)9月、暴風雨により稲が白穂と化した。(「勝浦町前史」、「勝浦町後史」による) 続きを読む

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)10月14日~15日、ルース台風により、風速40mとなり、河内小学校栗山分校の旧校舎が倒壊し、伊予川堰堤上の橋が大破した。被害は... 続きを読む

昭和62年の台風19号

昭和62年(1987)10月16日夜半、台風19号が来襲し、畑作物や水田などに被害を受けた。特に香川県東部に集中豪雨をもたらし、新川などが決壊、東部を... 続きを読む