昭和27年の豪雨

災害年月日
1952年07月01日
市町村
香川県高松市
災害種類
風水害  
概要
昭和27年(1952)7月1日から3日にかけて、梅雨前線のもたらした豪雨で、田植え直後の稲田の冠水・流失等の被害があった。また、吉田橋の橋台が決壊した。
Googleマップ
参考文献
川島郷土誌編集委員会編「川島郷土誌」(川島校区地域おこし事業推進委員会、1995年)、711頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
梅雨前線 豪雨 吉田橋
NO.
香川4998

よく似た災害

明治18年の洪水

明治18年(1885)7月、大暴風雨が襲来し、新川の落合北堤付近では水深3.9mとなり、勘定と中川で堤防が決壊し、耕地の欠損4ha、人家の流出1戸、浸... 続きを読む

昭和27年の豪雨

昭和27年(1952)7月9日~11日、集中豪雨により、菊間町内に相当の被害が出た。特に西山、長坂、高田の被害が大きく、当時「長坂時化」といった。菊間... 続きを読む

昭和47年の集中豪雨

昭和47年(1972)9月、台風7号後の集中豪雨により養老川が決壊し、台風20号で再度決壊した。 続きを読む

昭和35年の台風16号

昭和35年(1960)8月28日~29日、台風16号により、県下全般にわたり河川、海岸、道路等に被害が続出した。県下の被害は死者1人、家屋の半壊2戸、... 続きを読む

昭和35年7月の集中豪雨

昭和35年(1960)7月7日~8日、梅雨末期の集中豪雨により、今治、波止浜、菊間で2日間の雨量が150ミリ前後となり、越智郡内及び今治市の河川・道路... 続きを読む