宝暦7年の洪水

災害年月日
1757年09月09日
市町村
香川県高松市
災害種類
風水害  
概要
宝暦7年(1757)7月26日、讃岐地方は大暴風と大洪水に襲われた。海岸堤防の崩壊数十箇所、家屋の倒壊・流失数千戸、牛馬の流失、住民の死亡数知れず。さらに数日おいて二次台風に見舞われ、暴風雨のため、高松城の天守閣と北隅の櫓の瓦が崩壊し、海中に落下した。(「増補高松藩記」、「暦世年譜」による)
Googleマップ
参考文献
栗林郷土誌編集委員会編「栗林郷土誌」(栗林地区地域おこし事業推進委員会、1996年)、31頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
暴風 洪水 堤防崩壊 死者 高松城天守閣
NO.
香川5010

よく似た災害

宝暦9年の洪水

宝暦9年(1759)、梅雨の大洪水に見舞われ、村中大破。(「高徳寺過去帳」による) 続きを読む

平成16年の台風10号・16号・18号・21号

平成16年(2004)、台風10号、16号、18号、21号と立て続けに大型台風に見舞われ、風雨のため、床上、床下浸水、路面や斜面の崩壊など、さまざまな... 続きを読む

天明4年の落雷

image

天明4年(1784)、落雷により、松山城の天守閣は焼失した。 続きを読む

貞享4年の洪水

貞享4年(1687)、大洪水。高松城の堤崩れる。(「香川県政史年表」、「香川用水史」、白鳥町広報・資料による) 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)9月10日の夜の暴風雨のため11日出水、石井・城の内・高川原・白鳥の諸村被害。(「普通新聞」による) 続きを読む