明治25年の台風

災害年月日
1892年07月22日
市町村
香川県高松市
災害種類
風水害  
概要
明治25年(1892)7月22日~23日、暴風雨が襲来。日照り続きで困った後に暴風雨が来たので、農作物に被害が出た。特に稲作の被害が多かった。
Googleマップ
参考文献
栗林郷土誌編集委員会編「栗林郷土誌」(栗林地区地域おこし事業推進委員会、1996年)、32頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
香川5012

よく似た災害

明治19年の台風

明治19年(1886)秋、暴風雨のため、人家が破壊され、農作物に被害があった。 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風により内海地区の家屋、農作物の被害大、特に坂手地区の被害が大きかった。西村も農作物に被害出る。 続きを読む

明治23年の洪水

明治23年(1890)8月、暴風雨による増水にため、物部川西岸の堤防が決壊して、遠く稲生まで一面の大海と化し、農作物や人家に被害が多かった。 続きを読む

明治29年の台風

明治29年(1896)8月30日、暴風雨により午後4時頃から10時頃まで最も激しい豪雨となった。特に南方山岳部の雨量が多く、大小諸川は氾濫して、堤防、... 続きを読む

昭和10年9月の台風

昭和10年(1935)9月25日3時頃、台風が豊後水道から松山を経て、鳥取方面に抜けた。徳島県で降雨が始まったのは19日であり、その後連日相当の雨が降... 続きを読む