享保6年の洪水

災害年月日
1721年08月02日
市町村
香川県高松市
災害種類
風水害  
概要
享保6年(1721)7月10日と15日、大風、洪水。(「高松藩記」による)十河から南亀田にかけての吉田川が砂入り河原となって、そのまま放置された。
Googleマップ
参考文献
十河歴史研究会編「十河郷土史」(十河村制百周年記念事業実行委員会、1992年)、674-675頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水 吉田川
NO.
香川5015

よく似た災害

享和元年の洪水

享和元年(1801)、喜来は大水で河原となった。吉野川が西崎より切入、河原となった。(上田氏文書による) 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日の南海地震により、長岡郡の海岸地帯では40~50cm、平均52cmの地盤沈下が認められている。長岡郡の地震被害は倒壊... 続きを読む

享保17年の洪水

享保17年(1732)、洪水、蝗害により、享保の大飢饉となった。この時、目黒村の庄屋毛利与右衛門は、私財の米銭を村民に分け与えて飢えをしのがせ、吉田藩... 続きを読む

享保17年の洪水

享保17年(1732)、洪水、蝗害により、享保の大飢饉となった。この時、目黒村の庄屋毛利与右衛門は、私財の米銭を村民に分け与えて飢えをしのがせ、吉田藩... 続きを読む

享保元年の洪水

享保元年(1716)7月3日、大洪水があり、長山、浜戸、田野の立岡、開、野友の滝川原等の田畑は流失・埋没、または砂入りとなった。(「高知年鑑」、「田野... 続きを読む