享保7年の洪水

災害年月日
1722年10月03日
市町村
香川県高松市
災害種類
風水害  
概要
享保7年(1722)8月23日、大風、洪水。海防悉く崩れ田野が海の如くになること3日、溺死者100余人、木太、春日の人々は困窮した。10月5日、木太、春日の堤防が完成して人心安堵した。
Googleマップ
参考文献
十河歴史研究会編「十河郷土史」(十河村制百周年記念事業実行委員会、1992年)、675頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水 死者 木太 春日
NO.
香川5016

よく似た災害

寛延元年9月の洪水

寛延元年(1748)9月2日及び16日、大風、洪水により、農作物の収穫はできず、人々は困窮した。この年の度重なる天災による領民の困窮に対して、高松藩主... 続きを読む

明治26年の洪水

明治26年(1893)10月14日、豪雨のため重信川大出水。田窪の人々は排志側に、見奈良の人々は横河原西堤防に参集し、死力を尽くして防御した。薄暮にな... 続きを読む

明治26年の洪水

明治26年(1893)10月14日、豪雨のため重信川大出水。田窪の人々は排志側に、見奈良の人々は横河原西堤防に参集し、死力を尽くして防御した。薄暮にな... 続きを読む

明和8年の干ばつ

明和8年(1771)、干ばつ。2年続きの干ばつのため、住民の生活は困窮した。 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月26日、暴風雨により、江川はふくれあがった吉野川の濁水で区別できなくなり、名西郡高原西小学校が流出したほどであった。このため... 続きを読む