明治32年の強風

災害年月日
1899年08月28日
市町村
香川県高松市
災害種類
風水害  
概要
明治32年(1899)8月28日、午後3時頃から、終夜吹き止まず、夜半になって最大稀有の狂風となった。負傷者4人、家屋の転倒94戸、半壊50戸に及ぶ大被害を被った。
Googleマップ
参考文献
十河歴史研究会編「十河郷土史」(十河村制百周年記念事業実行委員会、1992年)、679頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
狂風
NO.
香川5023

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震津波により、須崎市では死者・行方不明64人、負傷者140人、土地の浸水面積394ha、家屋の倒壊・流出1,... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日、南海地震津波により、須崎市では死者・行方不明64人、負傷者140人、土地の浸水面積394ha、家屋の倒壊・流出1,... 続きを読む

昭和61年9月の強風

昭和61年(1986)9月21日、低気圧が発達しながら日本海を北東進し、強風となり、死者1人、負傷者2人の被害が出た。(愛媛県災害年表) 続きを読む

昭和55年4月19日の強風

昭和55年(1980)4月19日~20日、発達した低気圧が日本海を通過したため、強風となった。最大風速は新居浜で南17mとなった。(愛媛県災害年表) 続きを読む

昭和55年4月5日の強風

昭和55年(1980)4月5日~6日、発達した低気圧が日本海を通過したため、強風となった。最大風速は新居浜で北西10mとなった。(愛媛県災害年表) 続きを読む