享保15年の風雨

災害年月日
1730年09月07日
市町村
香川県高松市
災害種類
風水害  
概要
享保15年(1730)7月25日、大風雨により、香東川の堤が切れて、大野八幡宮の境内まで水浸しになり、民家5、6件が流失した。洪水の余流は高松の御城下までに及んだという。
Googleマップ
参考文献
一宮郷土誌編集委員会編「さぬき一宮郷土誌」(一宮郷土誌編集委員会、1990年)、333頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 香東川 堤防決壊
NO.
香川5098

よく似た災害

文化12年の風雨

文化12年(1815)7月6日より8日まで、風雨、洪水となり、国中の被害夥しく、死人83人、流失家屋181軒、損害数万石に及んだ。 続きを読む

享保7年の洪水

享保7年(1722)6月23日~24日、石手川の大洪水により、堤防の決壊が15万3千間、家屋流失1,500軒に及んだということであることから、おそらく... 続きを読む

明和9年の洪水

明和9年(1772)8月、洪水のため、86人の男女が流死、家屋70棟が流失した。 続きを読む

享保17年の風雨

享保17年(1732)、風雨により、吉田藩の損毛は田畑計2,282石に及んだ。(「藤蔓延年譜」による) 続きを読む

文久2年の洪水

文久2年(1862)8月11日、大洪水のため、雁切橋(紅葉橋)が流失した。 続きを読む