延享元年の寒波・大雪

災害年月日
1744年00月00日
市町村
香川県高松市
災害種類
雪害  その他(寒波)  
概要
延享元年(1744)冬、寒波の襲来により、続讃岐大日記によると、広瀬渡(現在の岩崎橋付近)では川が凍結して、厚さ1尺余となり、人馬はその上を歩いて渡ったという。また、高松藩記によると、阿讃山中の積雪が1丈にも及び、長期間雪に埋もれて、人や家畜、野獣の類も飢えに苦しんだという。
Googleマップ
参考文献
一宮郷土誌編集委員会編「さぬき一宮郷土誌」(一宮郷土誌編集委員会、1990年)、336-337頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
寒波 大雪 続讃岐大日記 高松藩記
NO.
香川5102

よく似た災害

延享元年の大雪

延享元年(1744)冬、南方の諸峯で積雪が1丈余に達し、翌年春まで解けず、山中の所々で人畜の凍死が発見されたという。古来稀なる降雪と言える。 続きを読む

延享元年の大雪

延享元年(1744)冬、寒さ厳しく、南の山は積雪丈余(3m)に達したという。(「増補高松藩記」による) 続きを読む

延享元年の大雪・寒気

延享元年(1744)冬は寒気が強く、阿讃山脈の積雪は丈余に達した。翌年春になっても寒気が衰えず、山中の人の中には凍餓死するものさえあった。(「讃岐国大... 続きを読む

延享元年の大雪

延享元年(1744)冬、大降雪、山中住民多く凍死。(「讃岐国大日記」、「高松藩記」等による) 続きを読む

安永9年の落雷

安永9年(1780)6月2日8ツ下り(午後2時半)、雷雨。岡村記によると、落雷により西の山田で死者3人だったという。「筐底秘記」によると、讃岐で270... 続きを読む