大正5年8月1日の雷雨

災害年月日
1916年08月01日
市町村
香川県
災害種類
風水害  その他(落雷)  
概要
大正5年(1916)8月1日13時頃より、香川県で発雷したが、その中で多度津付近のものが最も激烈であった。落雷は5箇所以上で、河川は氾濫した。丸亀市では約3時間に64ミリ、宇多津では4時間半に90ミリの降雨があった。(気象庁「気象要覧」による)
Googleマップ
参考文献
高松地方気象台編「香川県気象災害誌」(香川県防災気象連絡会、1966年)、23頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
落雷 洪水 気象要覧
NO.
香川5275

よく似た災害

昭和16年の雷雨

昭和16年(1941)8月20日、雷雨により丸亀市、琴平町、高松市で落雷があり、停電、電車不通、家屋焼失などがあった。琴平地方では午後2時20分頃から... 続きを読む

昭和58年9月7日の雷雨

昭和58年(1983)9月7日、寒冷前線が四国地方を通過したため、太平洋高気圧からの暖湿気と前線北側の寒気がぶつかって積乱雲が発達し、雷を伴った激しい... 続きを読む

昭和58年9月7日の雷雨

昭和58年(1983)9月7日、寒冷前線が四国地方を通過したため、太平洋高気圧からの暖湿気と前線北側の寒気がぶつかって積乱雲が発達し、雷を伴った激しい... 続きを読む

大正15年の雷雨

大正15年(1926)12月7日、顕著な前線性低気圧の発達により国内の所々で被害が出た。高知県では冬に珍しい雷雨となり、ほとんど1時間に強雨が集中して... 続きを読む

大正6年11月の強風

大正6年(1917)11月5日早朝、暴風が特に西讃方面で強く、陸上では稲籾が落ちて多少の被害が出た。海上では丸亀市沖で帆船及び漁船各1艘が難破し、高松... 続きを読む