元文4年の台風

災害年月日
1739年07月10日
市町村
香川県観音寺市(大野原町)
災害種類
風水害  
概要
元文4年(1739)6月5日、暴風雨のため、大谷池の堤防が大破した。このため、萩原村の庄屋・谷治之助、中姫村の喜曽平、武右衛門の3氏が修築を藩主に願い出て許され、同年10月に着工し、寛保元年(1741)4月に竣工した。(「大谷池碑」の碑文による)
Googleマップ
備考
大野原町萩原の大谷池堤に「大谷池碑」が建立されている。
参考画像
参考文献
香川県農林部編「農林業の石碑 ~先人の偉業をしのぶ~」(香川県農林部、1981年)、348-349頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 大谷池 堤防決壊 復旧工事 大谷池碑
NO.
香川5495

よく似た災害

文政6年の干ばつ

image

文政6年(1823)、大干ばつ。鵜足郡の大庄屋・木村甚三郎は父又左衛門の遺志を受け継いで、打越下池の新築を藩に願い出、請願を続けること4年、文政10年... 続きを読む

寛永3年の干ばつ

image

寛永3年(1626)4月より7月まで雨がなく、大干ばつに見舞われた。この干ばつの時の様子等を調べた幕府の隠密の報告書「讃岐探索書」には、田畑の作物は焼... 続きを読む

昭和22年7月の豪雨

image

昭和22年(1947)7月、豪雨のため、前年の災害から復旧途上の大谷池の堤防が流失した。しかし、住民の熱意により、大谷池の復旧工事は3年6ヶ月と98,... 続きを読む

文政6年の干ばつ

image

文政6年(1823)、大干ばつ。岡田の大庄屋・木村甚三郎は父又左衛門の遺志を受け継いで、打越下池の新築を請願した。文政10年2月に打越下池の新築の許可... 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)、大干ばつ。この年の干ばつを契機に、平田平七は同年12月に宝池の増築に着手し、翌年5月に竣工した。 続きを読む