昭和22年7月の豪雨

災害年月日
1947年07月00日
市町村
香川県観音寺市(大野原町)
災害種類
風水害  
概要
昭和22年(1947)7月、豪雨のため、前年の災害から復旧途上の大谷池の堤防が流失した。しかし、住民の熱意により、大谷池の復旧工事は3年6ヶ月と98,000人余の労役を費やして、昭和25年に完成した。
Googleマップ
備考
大谷池本堤中央部には「大谷池改修記念碑」が建立されている。
参考画像
参考文献
讃岐のため池誌編さん委員会編「讃岐のため池誌」(香川県農林水産部土地改良課、2000年)、162頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 大谷池決壊 復旧工事
NO.
香川5508

よく似た災害

昭和21年の大谷池決壊

image

昭和21年(1946)5月、大谷池の副堤が突如決壊して、6人の人命と家財、農地等に甚大な被害を与えた。関係者は戦後物資の不足な時代に4ヶ年の歳月と出役... 続きを読む

寛政元年の地震

image

寛政元年(1789)4月16日、大地震により大谷池の堤の前面が崩れた。9月下旬から工事をして、22日間で終了した。 続きを読む

延宝6年の洪水

image

延宝6年(1678)3月、雨が降り続き、石手川の堤防が決壊した。市坪の安長九郎左衛門は、これまで堤防が決壊するたびに自分の財産を投げ出して堤を修築して... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により大谷池の堤防に亀裂が入り、大修理をした。 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)9月3日、大地震により大谷池の堤塘が大破した。 続きを読む