享保12年の洪水

災害年月日
1727年00月00日
市町村
香川県三豊市(高瀬町)
災害種類
風水害  
概要
享保12年(1727)、洪水により、瀬丸池の堤と井手筋が破損し、その修復のため享保15年に差出人夫延べ約7,000人が動員された。
Googleマップ
参考画像
参考文献
讃岐のため池誌編さん委員会編「讃岐のため池誌」(香川県農林水産部土地改良課、2000年)、284-285頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 瀬丸池
NO.
香川5511

よく似た災害

文化12年の洪水

image

文化12年(1815)、洪水により、瀬丸池の東堤が破損し、その修復のため翌13年に差出人夫延べ2,850人が動員された。 続きを読む

文政6年の干ばつ

image

文政6年(1823)、大干ばつ。鵜足郡の大庄屋・木村甚三郎は父又左衛門の遺志を受け継いで、打越下池の新築を藩に願い出、請願を続けること4年、文政10年... 続きを読む

享保17年の長雨

享保17年(1732)3月~6月、霖雨による不作のため、大飢饉。(「松山叢談」による)高田寺谷の光徳院の過去帳によると、享保16年の死者23人が享保1... 続きを読む

享保7年の洪水

享保7年(1722)、洪水のため三嶋大明神神馬境内の木々が枯れ、人夫を雇って水抜き、小川・井手の堀方工事をした。この時、延べ人夫622人に対し、1人当... 続きを読む

享保7年の洪水

享保7年(1722)6月23日、総社川が大洪水のため、蔵敷村で堤防決壊、今治城三ノ丸の堀まで濁流が押し寄せるほどであった。享保9年に総社川の瀬堀普請が... 続きを読む