明治17年の水害

災害年月日
1884年08月25日
市町村
香川県さぬき市(志度町)
災害種類
風水害  
概要
明治17年(1884)8月25日夜、寒川郡鴨部下庄村で、烈風にわかに起こり、波涛が荒れ狂って堤防を決壊した。その勢いは奔馬のようで、家は流され、人は溺れて浜に打ちあげられ、魚のようであった。稲や甘藷など作物に被害をもたらしたが、幸いに人命に異常はなかった。暴風狂乱の中はまさに窮乏のどん底に陥った。ここにおいて村民一同相談してお金を出し合い、被害の救済に当たった。このことが朝廷の耳に達して下賜金をいただき、この難を救済して下さった。(「水害記念碑」による、原文は漢文)
Googleマップ
備考
水害記念碑は鴨部川にかかる昭和橋の北側にある。
参考画像
参考文献
岡村信男著「志度のいしぶみ」(志度町広聴広報課、1996年)、70-72頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
水害 鴨部下庄村 下賜金 水害記念碑
NO.
香川5867

よく似た災害

明治17年の水害

image

明治17年(1884)8月25日夜、寒川郡鴨部下荘村で、烈風にわかに起こり、波涛狂奔し堤防を決壊す。その勢い奔馬の如く襲来し、家屋は流され、人はおぼれ... 続きを読む

明治23年の水害

image

明治23年(1890)、念願の奥浦大堤防が完成した秋、大雨が続き海部川が氾濫して、奥浦大堤防の対岸の川東・川西村で浸水家屋175戸、冠水田畑256町歩... 続きを読む

明治23年の水害

明治23年(1890)9月11日12時20分から午後1時までが暴風雨が最も激しく、雷鳴が鳴り、篠つくような大雨が降った。山々は至る所で放水して山崩れを... 続きを読む

明治23年の水害

明治23年(1890)9月11日の大雨で、仁淀村森の奥合(おくごう)神社の拝殿や民家が流失した。奥合神社の棟札には以下のように記録されている。「明治2... 続きを読む

文政9年の水害

文政9年(1826)5月の水害について、志津川の米田屋の旧記「旧覚用筆誌-文政七申歳武智幸脩」は次のように記している。「5月20日夜より降り出した雨は... 続きを読む