昭和9年の室戸台風

災害年月日
1934年09月21日
市町村
高知県室戸市
災害種類
風水害  
概要
昭和9年(1934)9月21日午後5時頃、室戸台風が加領郷付近に上陸した。21日の瞬間風速は65~70mの世界最大記録で、羽根村は以下のような大被害を受けた。住家全壊103戸、半壊95戸、死者18人、負傷者49名など。津波による被害が極めて大きく、村会で船場、戎町、尾僧の海浜に防潮堤を築くことを決議し、昭和10年、国庫補助8割をもって許可となり、昭和11年に完成した。
Googleマップ
参考画像
参考文献
十兵衛会編「羽根村史」(羽根村、1957年)、339-341頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
室戸台風 死者 高波 防潮堤
NO.
高知1588

よく似た災害

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日午前3時頃、台風は足摺岬の南南東に達し、土佐湾を通過して、午後5時に奈半利町に上陸した。被害は安芸郡で大きく、県西部では... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日5時10分、台風が室戸岬を通った時、最低気圧は684.0ミリという空前の最低記録となった。被害は台風通路の東部の海部郡、... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日5時10分、台風が室戸岬を通った時、最低気圧は684.0ミリという空前の最低記録となった。被害は台風通路の東部の海部郡、... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日5時10分、台風が室戸岬を通った時、最低気圧は684.0ミリという空前の最低記録となった。被害は台風通路の東部の海部郡、... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日未明、台風が室戸岬に上陸し、県下では多くの家屋が倒壊するなどした。特に高潮被害が大きく、23,000軒が浸水した。21日... 続きを読む