明治29年の台風

災害年月日
1896年08月18日
市町村
高知県高知市(鏡村)
災害種類
風水害  
概要
明治29年(1896)8月18日、暴風雨により負傷者2人、家屋の全倒2棟、農作物の被害甚大。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
鏡村史編纂委員会編「鏡村史」(鏡村教育委員会、1989年)、543頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
高知1811

よく似た災害

明治17年の台風

明治17年(1884)8月25日、大暴風雨、波浪により、家屋、舟、護岸、農作物の被害甚大。(「愛媛県誌稿」による) 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)9月、暴風雨により家屋の全倒2棟、神社の全倒1棟など。 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、暴風雨により、久礼で負傷者2人、全壊家屋126戸、上ノ加江で圧死1人、負傷者3人、全倒家屋95戸。(「中土佐町史」に... 続きを読む

明治27年の台風

明治27年(1894)9月14日、暴風雨により16村で家屋の全倒。 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月25日、大暴風雨、波浪により、家屋、舟、護岸、農作物の被害甚大。合田浦の共修小学校が流失。(愛媛県誌稿、八幡浜町誌、舌田小学... 続きを読む