明治23年の台風

災害年月日
1889年09月11日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
明治23年(1890)9月11日、台風が九州、四国を横断し、死者213人、行方不明3人の被害を出した。佐川では稀有の大洪水となり、死者3人、家屋の全壊3戸、半壊17戸、流失8戸、大破168戸の被害となった。(「高知県災害異誌」、「渡川史」、「仁淀川村史」による)
Googleマップ
参考文献
岡田明治著「仁淀川誌」(仁淀川漁業協同組合、1979年)、289頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 死者 佐川 洪水 高知県災害異誌
NO.
高知2202

よく似た災害

大正7年の台風

大正7年(1918)7月12日、台風が豊後水道を北上し、2日間連続の大雨となり、仁淀川大洪水となった。名野川の雨量は566ミリで、堤防決壊した。全壊・... 続きを読む

大正7年の台風

大正7年(1918)7月12日、台風が豊後水道を北上し、2日間連続の大雨により仁淀川は大洪水となった。雨量は名野川で566ミリに達し、堤防が決壊し、家... 続きを読む

明治44年の台風

明治44年(1911)8月15日~16日、台風により、出水。吉野川では上流多雨のため洪水被害となった。世に土佐水という。被害は死者21人、負傷者7人、... 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月26日、大暴風雨により、吉野川、祖谷川及び村内各谷川は大洪水となり、家屋の流失、倒壊が多数出た。 続きを読む

大正9年の台風

大正9年(1920)8月15日、台風が足摺に上陸した。越知の雨量は14日~16日の3日間で604ミリで、大洪水となった。県下の死者は186人、全壊・半... 続きを読む