昭和20年の枕崎台風

災害年月日
1945年09月17日
市町村
高知県四万十市(西土佐村)
災害種類
風水害  
概要
昭和20年(1945)9月17日、台風により、山林の大木が倒れ、家屋は倒伏、浸水し、交通・通信は途絶し、田畑の被害も甚だしかった。特に四万十川沿岸一帯の地域は危険にさらされ、中半国民学校の校舎が倒壊して校具を搬出中の校長が殉職するという惨事を招いた。また、吉野川の増水も激しく、昭和10年の流失後復旧していた抜水橋は再び流失した。
Googleマップ
備考
中半小学校の旧校舎跡(四万十学舎)には校長先生殉職の碑が建立されている。
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
西土佐村史編纂委員会編「西土佐村史」(西土佐村、1970年)、727-728頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 四万十川 中半国民学校 校長殉職 吉野川
NO.
高知2506

よく似た災害

明治35年の洪水

明治35年(1902)9月、大洪水により渡船が転覆して、乗船していた八万高等小学校の女生徒5人が亡くなるという惨事が起こった。これを機に、吉野川改修工... 続きを読む

明治35年の洪水

明治35年(1902)9月、大洪水により渡船が転覆して、乗船していた八万高等小学校の女生徒5人が亡くなるという惨事が起こった。これを機に、吉野川改修工... 続きを読む

大正4年の台風

大正4年(1915)9月8日、台風(高潮)により、洪水氾濫。(四万十川の主な洪水の歴史による)/この洪水時に渡船が転覆するという惨事が起きた。この事故... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、台風により、山間部では350~450ミリの雨が降り、吉野川では18日朝から各量水標は警戒水位を突破して計画洪水位に接... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、台風により、納屋、煙草乾燥室が倒壊し、石垣の崩壊も多く、伊予川の増水により平和橋の一部が流失、相川橋も流失し、沿岸の... 続きを読む