明治19年9月の洪水

災害年月日
1886年09月06日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
明治19年(1886)9月6日午後より降雨、9日出水が1mを超す。10日午前に、風勢漸次強くなる。11日夕暮れになり減水し始める。当年は凶作となり、大小4回に及ぶ出水、暴風雨により、農作物は皆無となる。
Googleマップ
参考文献
蕨岡村史編纂委員会編「蕨岡村誌」(蕨岡村史編纂委員会、2002年)、623頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 洪水 凶作
NO.
高知2793

よく似た災害

明治29年の台風

明治29年(1896)、台風、出水が相次ぎ、明治25年以来の凶作となる。 続きを読む

昭和2年の洪水

昭和2年(1927)4月1日より降雨が次第に強くなり増水し、3日の降雨が強く、午後3時には3mに及ぶ。雨は小降りになるも上流の降雨が強く、出水も増加し... 続きを読む

明治35年の低温・多雨

明治35年(1902)7月~8月、低温、多雨により、全国的な凶作となる。 続きを読む

明治19年8月の洪水

明治19年(1886)8月20日午後7時頃から東北の暴風雨となり、翌21日にますます猛烈になり、正午頃より水量が増加し、午後2時頃には家屋が浸水するに... 続きを読む

元禄9年7月の洪水

元禄9年(1696)7月、大風、洪水で凶作となる。(「庄屋記録」、「讃岐国大日記」、「高松藩記」による) 続きを読む