明治19年8月の洪水

災害年月日
1886年08月20日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
明治19年(1886)8月20日午後7時頃より東北の暴風雨となり、翌21日正午頃より水量ますます増加し、午後2時頃には家屋の浸水が始まり、家具、木材、器具等の流失が絶えなかった。午後5時の最高水量は四万十川で平水より2丈9尺5寸高であった。不破では住家5、6戸、角崎では住家1戸、その他雪隠、厩の流失が多数あった。市街の水量は上町、本町筋では座上3尺~4尺余、京町筋は高い所でも座上1尺以上に及んだ所もあった。下町、下タ町は大抵3尺~4尺に及び、上ハ町は2尺~5寸ばかりであった。
Googleマップ
参考文献
中村町編「中村町風水害史」(中村町、1938年)、8-10頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水 四万十川
NO.
高知2861

よく似た災害

明治19年8月の洪水

明治19年(1886)8月20日午後7時頃から東北の暴風雨となり、翌21日にますます猛烈になり、正午頃より水量が増加し、午後2時頃には家屋が浸水するに... 続きを読む

明治19年8月の台風

明治19年(1886)8月20日午後7時頃から暴風雨となり、翌21日午後2時頃には家屋の浸水が始まった。午後5時の四万十川の最高水量は平水より2丈9尺... 続きを読む

明治19年8月の台風

明治19年(1886)8月20日午後7時頃から北東の暴風雨となり、21日にはさらに猛烈となって、正午頃から水量が増加し、午後2時頃には家屋への浸水が始... 続きを読む

明治23年の洪水

明治23年(1890)9月9日午後3時頃より降雨が始まり、10日夜に雨がますます激しくなり、11日になって豪雨が物凄く、四万十川、後川の水量が増加し、... 続きを読む

明治19年8月の洪水

明治19年(1886)8月20日午後7時頃から東北風の暴風雨となり、21日にはますます猛烈となり、正午頃から水量増加、午後2時頃家屋浸水、家具、木材、... 続きを読む