明治32年の台風

災害年月日
1899年08月28日
市町村
高知県土佐清水市
災害種類
風水害  
概要
明治32年(1899)8月28日、大型台風が奄美大島付近で北東に急転し、九州東岸をかすめ宿毛付近に上陸し、四国を縦断して日本海に出た。高知、愛媛、香川の各県の被害は特に甚大であった。伊豆田村では、多くの人家が破損し、郵便局、村役場の屋根瓦が全部飛散した。(「溝渕素江手記」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
土佐清水市史編纂委員会編「土佐清水市史 下巻」(土佐清水市、1980年)、701-702頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 伊豆田村 溝渕素江手記
NO.
高知2913

よく似た災害

明治44年の台風

明治44年(1911)8月15日、台風が奄美大島付近を北上し、九州南岸に上陸後、北東に転向して宇和島付近を通過した。山地での日雨量は400ミリを超し、... 続きを読む

明治26年の台風

明治26年(1893)10月14日、台風により、東予、中予の被害が甚大で、明治期で最大の災害であった。宮窪町では大川流域の田畑の被害は多大であった。 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、台風により、最大風速52mを記録した。倒伏家屋も多く、被害甚大であった。 続きを読む

明治19年の洪水

明治19年(1886)9月10日の洪水では、石手川の堤防決壊により「石手村ほか4箇所で浸水、溺死者十数人、重信川上村で堤防決壊、温泉郡内の被害甚大であ... 続きを読む

明治23年の台風

明治23年(1890)9月11日、台風が宇和島付近から東北東に通過したため、本県中西部の各河川が増水し、被害は甚大であった。十和村では、十川橋が橋桁ま... 続きを読む