大正9年の洪水

災害年月日
1920年08月15日
市町村
高知県土佐清水市
災害種類
風水害  
概要
大正9年(1920)8月15日午後3時頃より雷鳴、降雨ともに甚だしく、雨粒は大豆粒以上で、雨というよりは水を注ぐが如くであった。この大雨が2、3時間継続したため大洪水となり、各地で被害が発生した。死者は幡多郡で172人、下川口村で9人であった。村内の下川口郷・下川口浦・貝ノ川郷の体験者の具体的な記録が掲載されてているほか、溺死者・圧死者調べ、洪水後の村内窮状と対策、義捐金、罹災民救済の様子等が詳しく示されている。
Googleマップ
備考
下川口郷の天満宮には大正9年洪水の碑が建立されている。
参考画像
参考文献
田村非水編「下川口村誌 復刻版」(下川口村誌復刻委員会、1985年)、351-359頁及び365-369頁及び380-383頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 洪水 死者
NO.
高知2943

よく似た災害

文化2年の洪水

文化2年(1805)6月4日、洪水により領地で損田が過半となったため、下川口村では郷士が辞職願を出している。下川口村史には「不意の洪水に川筋破損埋れ上... 続きを読む

大正元年の洪水

image

大正元年(1912)、吉野川で洪水があった。その洪水の痕跡を示した石柱が山川町に残されている。石柱の側面には8尺7寸と刻まれており、この付近で約2.6... 続きを読む

大正7年の洪水

大正7年(1918)8月30日、大洪水。当時7歳の人が書いた手記が掲載されている。この手記には、洪水時に流木や牛が流れていた様子や、小学校の教室の壁に... 続きを読む

大正9年の洪水

大正9年(1920)7月29日、大洪水により、田畑の流失68町歩、死者1人。 当時小学校3年生の洪水体験記が「加州幸吉手記」に残されている。大正2年の... 続きを読む

大正12年の洪水

大正12年(1923)7月11日の洪水では、「7月11日は特に甚しく小野川は未曾有の出水にして、小野川橋が破損して鉄道遮断。12日には拝志村下林開発の... 続きを読む