天明3年の洪水

災害年月日
1783年09月24日
市町村
高知県三原村
災害種類
風水害  
概要
天明3年(1783)8月28日、大水が出て、刈り取った稲が流失した。(大庄屋日記「生城文書」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三原村史編纂委員会編「三原村史」(三原村教育委員会、1971年)、487頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 生城文書
NO.
高知2948

よく似た災害

天明元年~2年の長雨

天明元年(1781)~2年(1782)、春から夏にかけて長雨が続き、水害と不作により、奉行所に御救米を願い出る状況となった。(三原郷大庄屋日記による)... 続きを読む

天明8年の洪水

天明8年(1788)7月23日夜5ッ(8時)頃より大水となった。(今在家村庄屋の「永々誌日記覚帳」による) 続きを読む

天明7年の洪水

天明7年(1787)3月、4月、6月、8月の4ヶ月に5回の洪水があり、麦の収穫がなく、多くの田畑が流失し、大凶作となった。(「野村町郷土誌」による) 続きを読む

天明7年の洪水

天明7年(1787)4月23日から27日まで大水、中須賀、その余の島の芋、秋毛残らず流失。(「兵助日記」による) 続きを読む

天明6年の台風

天明6年(1786)8月、9月、暴風雨、洪水。(「川之江村大庄屋役用記」による) 続きを読む