明治32年の台風

災害年月日
1899年08月28日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
明治32年(1899)8月28日、台風が宿毛市から四国を斜断した。7月の台風と合わせて、高知県で死者36人、負傷者63人、家屋全壊2,064棟の被害が出た。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
宿毛市史編纂委員会編「宿毛市史」(宿毛市教育委員会、1977年)、1180頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 死者
NO.
高知2989

よく似た災害

明治32年8月の台風

明治32年(1899)8月28日、台風が宿毛市から四国を斜断した。7月の台風と合わせて、高知県で死者36人、負傷者63人、家屋全壊2,064棟の被害が... 続きを読む

明治28年9月・10月の台風

明治28年(1895)9月上旬及び10月中旬、台風。8月の台風と合わせて、この年の台風被害は死者1人、負傷者3人、全倒23戸、半倒15戸、大破61戸、... 続きを読む

明治35年8月の台風

明治35年(1902)8月10日14時、台風が熊本に上陸し、鳥取付近から日本海に出た。高知県でも連日の降雨により、多少の被害が出たと思われる。 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)8月23日、台風が土佐沖から夜須町に上陸して、北進した。県下東部は強風、高潮により安芸郡下で死者33人、家屋全壊1,854棟の被害... 続きを読む

大正3年の台風

大正3年(1914)9月14日、台風が南予から四国を横断し、愛媛県で死者17人、家屋全壊流失236戸、家屋浸水7,798戸などの被害が出た。(「愛媛県... 続きを読む