昭和7年の台風

災害年月日
1932年08月10日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
昭和7年(1932)8月10日より16日にかけて、長期の暴風雨が襲ってきた。雨量は高知市で100ミリ位、魚梁瀬で1,100ミリという氾濫ぶりを示した。仁淀川は16尺の増水を示し、宿毛では田が30町余も浸水した。(高知新聞による)
Googleマップ
参考文献
丹紫海漁郎「土佐風水害史」(土佐史談会編「土佐史談 第49号」土佐史談会、1934年)、72頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
台風 仁淀川
NO.
高知3090

よく似た災害

昭和7年の台風

昭和7年(1932)8月10日~16日、台風が波状に襲い、雨量は高知市で100ミリであったが、仁淀川は16尺の増水を示し、宿毛では耕地が30余町も浸水... 続きを読む

昭和29年の台風12号

昭和29年(1954)9月14日の台風12号は風よりも雨量が多く、吉野川、祖谷川は大増水となった。15日の明け方には各川は最高の増水を示し、今までの最... 続きを読む

昭和32年の台風7号

昭和32年(1957)8月20日、台風7号により、特に渡川・仁淀川上流域で大雨が集中した。東津野では総雨量900ミリで、仁淀川は20日に警戒水位を突破... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風が枕崎に上陸し、米子に抜けた。雨量は長者607ミリ、池川432ミリに達し、仁淀川は大洪水となった。仁淀村では... 続きを読む

昭和31年の台風15号

昭和31年(1956)9月25日、台風15号により仁淀川は大増水した。 続きを読む