宝永元年の台風

災害年月日
1704年08月29日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
宝永元年(1704)7月晦日から東中筋村は暴風雨となり、4日、17日と三度の洪水となった。この年の検見(役人がその年の作柄から年貢を決めること)に際して、宗兵衛は村人のためを思い、検見役に凶作地ばかりを見せて、年貢を少しでも減免してもらうように計画した。しかし、村民の中に密告者がいたため、宗兵衛は捕らえられ、高知に護送され、宝永2年(1705)に斬罪に処せられた。
Googleマップ
備考
宗兵衛は天満宮に祀られている。
参考画像
参考文献
上岡保次郎「義民中平宗兵衛」(土佐史談会編「土佐史談 第61号」土佐史談会、1937年)、111-112頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
台風 洪水 東中筋村 検見 中平宗兵衛
NO.
高知3097

よく似た災害

宝永7年の台風・高潮

宝永7年(1710)7月26日、大暴風雨による高潮のため、海岸地帯の稲作は全滅となり、他の地域でも大凶作となり、飢饉のためこの年秋の年貢は御免となった... 続きを読む

宝永7年の風雨・高潮

宝永7年(1710)7月26日、大風雨と高潮により、海岸地帯の稲作全滅。この年全般的に凶作となり、秋の年貢が免除された。(「徳島県災異誌」、「徳島県史... 続きを読む

宝永元年11月の火災

宝永元年(1704)11月14日、小高坂から出火して郭中・上町の家屋約600軒が焼失した。 続きを読む

宝暦12年の洪水

宝暦12年(1762)8月9日、大洪水が発生し、現在の岡地区集会所付近の被害が最も多く、死者15人、家屋流失12棟、田畑流失などの被害が出た。この年が... 続きを読む

宝暦7年の洪水

宝暦7年(1757)7月26日、大風雨、洪水により、92,140石減収。板野郡の全村で水害のため、御蔵、給知とも秋の年貢を免除された。(「徳島県災異誌... 続きを読む