昭和26年のケイト台風

災害年月日
1951年07月01日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
昭和26年(1951)7月1日23時頃、台風6号(ケイト台風)が宿毛・土佐清水間に上陸後、県内を通る間に衰弱したが、雨天続きの後の大雨により被害が増した。日下村一帯は水郷となった。県下の被害は死者1人、負傷者4人、家屋の全壊21戸、半壊167戸、流失10戸、床上浸水488戸、床下浸水1,661戸、橋の流失36箇所、破損10箇所、堤防決壊38箇所、破損52箇所、道路316箇所、船の流失1席、破損3席、田畑の流失12,236町、浸水7,843町に及んだ。(「高知県災害異誌」による)
Googleマップ
参考文献
高知県警察史編さん委員会編「高知県警察史 昭和編」(高知県警察本部、1979年)、1074頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
ケイト台風 大雨 死者 堤防決壊 高知県災害異誌
NO.
高知3441

よく似た災害

昭和26年のケイト台風

昭和26年(1951)6月30日~7月2日、ケイト台風により、県下の被害は家屋の床上浸水76戸、床下浸水806戸、非住家1戸、田の流失・埋没1ha、冠... 続きを読む

昭和26年のケイト台風

昭和26年(1951)7月1日23時頃、台風6号(ケイト台風)が宿毛・清水間に上陸後、須崎沖から安芸を経て大阪方面に抜けた。日下村一帯は水郷となった。... 続きを読む

昭和26年のケイト台風

昭和26年(1951)7月1日23時、台風6号(ケイト台風)が宿毛・土佐清水間で上陸後県内を通る間に衰弱したが、雨天続きの後の大雨により被害を増した。... 続きを読む

昭和26年のケイト台風

昭和26年(1951)7月1日、台風6号(ケイト台風)により、雨量は最多の那賀地域で250ミリ以上、大枝で210ミリとなった。被害は家の全壊1戸、床上... 続きを読む

昭和26年のケイト台風

昭和26年(1951)7月1日、台風6号(ケイト台風)により、雨量は最多の那賀地域で250ミリ以上、大枝で210ミリとなった。被害は家の全壊1戸、床上... 続きを読む