天保7年の風雨

災害年月日
1836年09月13日
市町村
高知県高知市
災害種類
風水害  
概要
天保7年(1836)8月3日、大風雨、洪水。西江ノ口関破壊し、井口、小高坂、江ノ口大水となり、座上舟を乗るに至る。
Googleマップ
備考
原資料では月日を西暦(グレゴリオ暦)で表記しているが、和暦で表記した。
参考文献
高知新聞社編「'98高知大水害の記録 豪雨パニック」(高知新聞社、1998年)、頁なし
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
風雨 洪水 井口 小高坂 江ノ口
NO.
高知3460

よく似た災害

天保7年8月の風雨

天保7年(1836)8月3日、大風雨、洪水により、円満寺橋、常通寺橋共流れ。(「御家年代略記」による)高知市史には「2日杓田水神堂の西江ノ口堰を破壊し... 続きを読む

天保7年の洪水

天保7年(1836)8月2日、洪水により杓田の堤が決壊し、井口、小高坂、江ノ口などに大水。 続きを読む

天保7年の洪水

天保7年(1836)8月2日、洪水により杓田の堤が決壊し、井口、小高坂、江ノ口方面が浸水し、橋梁5箇所が流失した。 続きを読む

安政7年7月の風雨・高潮

安政7年(1860)7月11日及び28日に大水、大風、突浪、高潮によって青毛立、徳島より撫養に至る海辺の被害25,000石、撫養塩浜大荒れ、岡崎十人衆... 続きを読む

天保14年の洪水

天保14年(1843)7月5日、6日、昼夜大雨降りたまり1丈1尺となり、大洪水のため流家が多かった。その際、50年来の大水と言われた。 続きを読む